庭経営と家庭決算書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   一生継続していく 「家庭決算書」

 

  16年目を迎えた

  2018年版新・家庭経営ソフト「家庭決算書」  

  ベクターでダウンロード・発売を開始

  3か月間試用無料             

       

2018年版新・家庭経営ソフト「家庭決算書」 

 

スタンダード版

 

プライベート版

 

ファミリー版

 

1,500円(税抜き)

 

 

1,500円(税抜き)

 

 

2,000円(税抜き)

 

ベクター

 

 

 

 

 

   プレジデント

 

家計調査報告(二人以上の世帯)

 

月次速報で作る

 

平成2017年度家庭決算書

 

1月から10月分累計

    

 収入合計 5,021,384円

(一か月平均 502,138円)

 消費合計 3,749,959円

(一か月平均 374,995円)

 当期消費損益1,271,825円

( 10月に正味財産が 132,762円増加しました)

 

     総務省家計調査速報で作る家庭決算書

 

 

Top

  Home

会社概要

家庭決算

ソフト「家庭決算書」

コ ラ ム

 トピックス

本・雑誌の紹介

商簿記3級

スマフォ簿記3級

家計会計協会                       

平成29年度銘 気得  

 

home

  Home 

  会 社 概 要

   家庭決算

ソフト「家庭決算書」TOP

  一言コ ラム目次 

    トピックス

 本・雑誌の紹介 

  日商簿記3級

 スマフォ簿記3級

 

  ブログ

blank

 Web版「家庭簿記」入門 

blank

 電子書籍家庭簿記入門

blank

  

ソフト家庭決算

ソフト「家庭決算書」

 スタンダード版

 プライベート版

ファミリー版

ようこそTOP

導入編

入力編

 現金入力の手引き

 電子マネー入力の手引き

 普通預金入力の手引き

クレジットカード入力の手引き

振替帳入力の手引き

(参考)個別取引の入力

給料入力の手引き

住宅ローン入力の手引き

カードポイント入力の手引き

家庭決算書

月次と年次の家庭決算書

分析

科目別残高と元帳

予算実績対照表

家庭の経営分析編

  年の終わにり

設定の変更

ようこそTOP

初期設定(導入編

初期・財産対照表

消費科目の追加・変更

ヘルプ

マニュアル一覧 

  Q&A

 家庭決算書 

 家計簿との違い 

家庭決算書の事例

 

 

最新情報

 

 

プレジデント・オンライン

マネー

2016・12・27

 

 

 

プレジデント

 

 

 

 

3月21日発売の

日経マネー5月号で、

家庭用会計ソフト

「家庭決算書」が、

2ページ(P60.61)

にわたって

紹介されています

 

 

 

 

 

 

 

  本の紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

家庭決算書に関する研修会などの講師依頼は、以下の

メールで、お願い致します。

soft@kateikessan.co.jp

 

      
 

 

 

    「家庭決算書」と「簿記3級」 

 

 

 

      

          家庭決算書

 

         簿記3級

   

   家庭経営の目的を実現するために

 

   必要不可欠な会計情報です

 

   会社では、せめて簿記3級程度の

 

   知識が必要といわれています

 

 

                     「会計主体と簿記の関係」

 

 経済主体

     会計主体

      複式簿記

      報告書

     

         

 

       政 府

 

 

 地方公共団体

 

 

   

   法  人

 

 営利法人(株式会社など)

 簿記1級・簿記2級

   財務諸表

 非営利法人(社団など)

 

 

  

 個  人

 

     個人事業者

    (企業又は商店)

  簿記3級

  財務諸表

     給与所得者

  家庭簿記

(家庭用複式簿記)

  家庭決算書

  その他個人(年金など)

  家庭簿記

(家庭用複式簿記)

  家庭決算書

 

 

 

      会計と会計主体

   会計とは、特定の経済主体の構成員が営む経済活動およびこれに関連する経済的事象を、

  主として貨幣額で測定しかつ伝達する行為です。会計の目的、内容は、経済主体を構成する

  人たちの意思や要求によって決まるものであり、この意思や要求は、時代と環境の変化に

  よって常に変わるものとされています。また、経済主体を構成する要素ごとに必要とする

  会計情報は異なりますが、この会計情報を必要とする主体を会計主体と言います。

  現在、この会計情報を作成する方法として複式簿記が考えられています。

   また、複式簿記の知識は、社会人としての「基本」であり、会社に関係している人の

  「常識」でもあります。

 

                             

 

 

      新・家庭経営ソフト「家庭決算書」TOP  

 

  

 

                

      家計簿では真似のできない「複式簿記(家庭簿記)」で、

 

      一生継続していく家庭経営用会計ソフト

                      

 

 

 

  スタンダード版

 

2018年版新・家庭経営ソフト「家庭決算書」

1,500円(税抜き)

 

      ベクター

 家計簿では真似のできない「複式簿記(家庭簿記)」で、一生継続していく

 家庭経営用会計ソフト

 スタンダード版の特徴は、以下の通りです。

■主な特徴

(1)「現金」「普通預金」「クレジットカード」「電子マネー」の専用項目

 普通預金は30口座、クレジットカードは30社設定できます
(2)「消費損益計算書」「財産対照表」「科目月別残高」「予算実績対

 照表」の科目名をクリックすることでいつでも元帳が参照できます
(3)月次の予算・実績の差額集計だけでなく、予算・実績の累計差額も

自動計算できます
(4)消費損益計算書に収入に対する消費割合が自動計算で表示されます
(5)初期設定の追加・修正がしやすくなるように、財産対照表の科目を

クリックすることで初期設定の変更画面に戻れるようにしました

 

  プライベート版

 

 

2018年版新・家庭経営ソフト「家庭決算書」

1,500円(税抜き)

 

 ベクター

 プライベート版は、主として、社会人として自立している人たちが、

 自分らしい家庭生活を築くための会計情報を提供するために開発されました。

 プライベート版の特徴は、以下の通りです。
■主な特徴
(1)主に社会人として自立している人達を対象
(2)カード管理が可能(クレジットカード、電子マネー、カードローンなど)
(3)カード管理のための新しく科目を設定
  財産対照表に「電子マネー」「カードポイント」「カードローン」
  消費損益計算書に「カードポイント収入」「カードポイント損失」

 「カードローン支払利息」

 

   ファミリー版 

 

2018年版新・家庭経営ソフト「家庭決算書」

2,000円(税抜き)

 

 ベクター

 ファミリー版は、夫婦別々にお金の管理をしたい方、複式簿記の仕組みを

 子供に教えたい方など、家族4人まで、個別のパスワードで入力できる

 ソフトです。

ファミリー版の特徴は、以下のとおりです。
■主な特徴
(1)一つのソフトで、家族4人まで入力できます
(2)夫婦や親子が、それぞれ各人別に使えます
(3)パスワードを各人別に設定できます
(4)お互いのデータは、パスワードを入力しないと閲覧できません
(5)複式簿記の仕組みを子供に教えることができます
(6)個人事業をしている方で家庭と事業を区分して管理することもできます

 

 

 

   

   

 

2018年版は、ダウンロードしてから、3ヶ月間は「無料」

 

 

 

 

 

        ソフト「家庭決算書」TOP  

 

 2018年版のご案内

 ソフト「家庭決算書」マニュアル

    Q&A」と「解説」

スタンダード版 

     マニュアル一覧 

    家計簿との違い 

プライベート版

 導入編

  家庭決算書   

    ファミリー版    

         入力編

    家庭決算書の事例

 

 報告書と分析編

総務省家計調査速報で作る家庭決算書

 

 

  

              

 

                        商簿記3級検定試験

 

 

 

 

 新試験範囲に対応 

 

依田宣夫の

 

商簿記3級検定試験100%合格目標無料講座

 

 

(1) 

「日商簿記3級100%合格目標講座」概要」

全国商業高等学校協会主催・文部科学省後援

(2) 

 「試験問題を解く前に・・複式簿記の仕組み」

簿記実務検定3級試験練習問題

(3)   

   「 仕訳問題演習 」

実務検定3級練習問題1

基本1

(4)  

   「帳簿に関する仕訳問題

実務検定3級練習問題2

(5)  

   「試算表作成のための仕訳問題」 

実務検定3級練習問題3

(6)  

   「伝票に関する仕訳問題

実務検定3級練習問題4

(7) 

   「精算表作成のための仕訳問題」

実務検定3級練習問題5

(8)

  「ホップ・ステップ・ジャンプ仕訳法

第84回3級検定試験解答 

 

 

  

          

 

      

         日商簿記3級

 

      

 

         第147回日商簿記3級検定試験

 

       平成29年11月19日(日)

 

       商工会議所の出題の意図が公表されました     

      https://www.kentei.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2017/12/147-03-ito.pdf           

       解答速報が公表されました
         (ご参考)
          資格の大原  
http://www.o-hara.ac.jp/sokuhou/
           TAC   
http://www.tac-school.co.jp/sokuhou/boki/nissho.html  

   各地の合格率

        

        「日商簿記3級100%合格目標講座」

 

 

 

 

   次回  

        第148回日商簿記3級検定試験


         2018年(平成30年) 2月25日(日)

 

 

 

 

 

    次回 

 

          全国商業高等学校協会主催・文部科学省後援

 

       第85回簿記実務検定3級試験

 

     2018年(平成30年)1月28日(日)

 

 

750円+税

 

 

 

  日商簿記3級

 

          第146回日商簿記3級検定試験

 

     平成29年6月11日(日)

 

 

 合格率が発表されました。

 

 簿記3級 

  

受験者数 実受験者数 合格者数 合格率
146(H29.6.11) 102,077名 80,025名 40,771名 50.9%

  商工会議所の出題の講評が公表されました 

     http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/review   

 

 

      商工会議所の出題の意図が公表されました 

         http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/review 

  各地の合格率

 商工会議所

受験者数

合格者数

合格率

函館(北海道)

102名

56名

54.9%

弘前(青森)

78名

40名

51.3%

花巻(岩手)

37名

16名

43.2%

福島(福島)

151名

87名

57.6%

宇都宮(栃木)

398名

176名

44.2%

さいたま(埼玉)

1628名

911名

56.0%

長野(長野)

202名

109名

54.0%

静岡(静岡)

581名

303名

52.2%

豊田(愛知)

247名

108名

43.7%

草津(滋賀)

474名

329名

69.4%

西宮(兵庫)

848名

517名

61.0%

広島(広島)

973名

433名

44.5%

山口(山口)

440名

324名

73.6%

大分(大分)

276名

151名

54.7%

那覇(沖縄)

186名

87名

46.8%

 

      

 

 

                 全国商業高等学校協会主催・文部科学省後援

 

         第84回簿記実務検定3級試験

 

       実施日:平成29年6月25日(日)

 

                   第84回3級検定試験解答が公表されました 

       

 

        

 

 

 

    

  

 

アマゾンで発売

 

「ホップ・ステップ・ジャンプ仕訳法」による簿記3級100%合格目標講座

 

               内容紹介

 

  1500円+税

   B5版 330ページ

 

 

        ホップ・ステップ・ジャンプ仕訳法による

         簿記3級100%合格目標講座

 

 内 訳

 

 はじめに   

 

  もくじ

 

  第1章

初心者のために簿記物語で複式簿記をやさしく解説

  第2章

簿記3級受験レベルに必要な基礎を

練習問題とともに解説

  第3章

簿記3級受験対策用に、試験レベルの

問題を解く

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ホップ・ステップ・ジャンプ仕訳法」とは

 

                 

           

     

 

      簿記3級合格目標!スマートフォン仕訳ソフト

 

 

       

 

 スタンダード版

   無料版

    入門編

  480円

     ー

    240円

 iPhone 有料版

  iPhone 無料版

  iPhone 有料版

 android 有料版

  android 無料版

  android 有料版

                             

             

簿記3級スマフォソフト

 

 HOP!STEP!JUMP!仕訳法

 

 HOME 

  トップ

購入とインストール方法

                             

    

「簿記3級直前チェックリスト」

 

 1

仕訳編

直前仕訳リスト1

リスト2

 2

帳簿編

直前帳簿リスト1

リスト2

 3

試算表編

直前試算表リスト1

リスト2

 4

伝票編

直前伝票リスト1

リスト2 

 5

精算表編

直前精算表リスト1

リスト2

 

直前チェックリストは、スタンダード版に追加されています。

                      

              

   

      

 

    

   

 

                               

           依田宣夫の一言コ ラム目次 

 

第455回

家計調査報告で作る家庭決算書

第454回

給与所得者の所得税

第453回

人手不足業種の背後にあるもの 

第452回

年収800万円を超える人が原則、増税

第451回

計調査(二人以上の世帯)平成29年(2017年)10月分速報

第450回

2017年12月1日の財産対照表と11月分の消費損益計算書を作りましょう!

第449回

貯蓄・負債の4〜6月の平均結果

第448回

デフレ脱却

第447回

国債残高

第446回

医療費控除の提出書類の簡略化について

第445回

老後の生活防衛

第444回

自己破産するシニアが増えている意外な原因

第443回

家計収支3か月ごとの平均速報(総務省)

第442回

家庭生活の課題 貧困と小学4年の壁

第441回

2017年11月1日の財産対照表と10月分の消費損益計算書を作りましょう!

第440回

フィンテック社会の実現に向けて

第439回

計調査(二人以上の世帯)平成29年(2017年)9月分速報

第438回

家庭決算書の特徴と家計簿との違い

第437回

家計消費の構造変化

第436回

2018年版新・家庭経営ソフト「家庭決算書」

第435回

平成26年全国消費実態調査 (総務省)

第434回

平成30年度厚生労働省予算概算要求の概要

第433回

平成29年前半の飲食料品の小売業販売額

第432回

消費税10%による格差社会への影響

第431回

国債の商品性について(財務省)

第430回

「織物・衣服・身の回り品小売業」の販売額(経済産業省)

第429回

2017年10月1日の財産対照表と9月分の消費損益計算書を作りましょう!

第428回

家計調査(二人以上の世帯)平成29年(2017年)8月分速報(参考 総務省家計調査速報で作る家庭決算書

第427回

28年度の家計簿から見たファミリーライフ(暮らし)の特徴

第426回

2017年8月1日の財産対照表と7月分の消費損益計算書を作りましょう!

第425回

家計調査(二人以上の世帯)平成29年(2017年)7月分速報(参考 総務省家計調査速報で作る家庭決算書

第424回

生活に対する満足度(平成26年度 内閣府)

第423回

平成27年と平成28年の当期消費損益は、17万円と7万円でした

第422回

持続可能な開発目標(SDGs)

第421回

一人あたりの借金は約851万円

第420回

可処分所得の拡大と賃金

 

 


 

                  著作権等 : プライバシーポリシー

              All rights reserved .kakei kaikei kyokai (c) 2007